特定非営利活動法人SHIP

活動理念

特定非営利活動法人SHIPは、

 ・セクシュアルマイノリティの人々が、自分らしく心身共に健康に暮らせる社会
 ・多様性が尊重される社会の実現


を目指してさまざまな活動を行っています。



【ブランドコンセプト】

セクシュアルマイノリティを海に例えると、大海原をさまよう一隻のボートのようなもの。
「SHIP」はひとりひとりの可能性と健康をサポートする、大きなマザー「シップ」でありたいと考えています。
また、ときには弱った部分をやさしく包み込む「湿布」になりたいと考えます。

活動目的と活動内容


役員

  • 理事  星野 慎二
  • 理事  井戸田 一朗(医師)
  • 理事   日髙 庸晴(大学教授)
  • 監事  中川 重徳(弁護士)

改革

平成30年度(2018年)

  • 厚生労働省「エイズ対策研究事業」の分担研究に参画。HIV検査を年11回実施

  • 神奈川県からの委託により、個別相談「SOGI派遣相談」を実施

  • 神奈川県からの委託により、交流会「かながわにじいろトーク」を年11回実施

  • 横浜市からの委託により、個別相談「よこはまLGBT相談」を年24回実施

  • 横浜市からの委託により、交流スペース「FriendSHIPよこはま」を年24回実施

  • 横須賀市補助金事業により、交流会「CafeSHIPポートよこすか」を年12回実施

  • 横浜市補助金により、コミュニティスペース「SHIPにじいろキャビン」と各種交流会、電話相談、個別カウンセリングを実施

  • 大塚商会ハートフル基金により、リーフレット「交流・相談マップ」と、交流・相談マップ啓発資材「PresenceLetter2019」を制作

平成29年度(2017年)

  • 神奈川県から「かながわレッドリボン賞」を受賞

  • 厚生労働省「エイズ対策研究事業」の分担研究に参画。HIV検査を年10回実施

  • 横浜市からの委託により、個別相談「よこはまLGBT相談」を年24回実施

  • 横浜市からの委託により、交流スペース「FriendSHIPよこはま」を年24回実施

  • 横須賀市補助金事業により、交流会「CafeSHIPポートよこすか」を年12回実施

  • 横浜市補助金により、コミュニティスペース「SHIPにじいろキャビン」と各種交流会、電話相談、個別カウンセリングを実施

  • 3月 大塚商会ハートフル基金により、生徒向け啓発資材を制作

  • 9月 大塚商会ハートフル基金により、シンポジウム「LGBTコミュニティ、この20年のあゆみ」を実施。約200名参加。

平成28年度(2016年)

  • 厚生労働省「エイズ対策研究事業」の分担研究に参画。HIV検査を年12回実施施

  • 横浜市からの委託により、個別相談「よこはまLGBT相談」を年24回実施

  • 横浜市からの委託により、交流スペース「FriendSHIPよこはま」を年12回運営

  • 横須賀市補助金事業により、交流会「CafeSHIPポートよこすか」を年12回実施

  • 横浜市補助金により、コミュニティスペース「SHIPにじいろキャビン」と各種交流会、電話相談、個別カウンセリングを実施

平成27年度(2015年)

  • 横浜弁護士会(現、神奈川県弁護士会)から「人権賞」を受賞

  • 横浜市からの委託により、個別相談「よこはまLGBT相談」を年6回実施

  • 横浜市からの委託により、交流スペース「FriendSHIPよこはま」を年9回運営

  • 横須賀市補助金事業により、交流会「CafeSHIPポートよこすか」を年12回実施

  • 3月 横浜市より認定NPO法人を取得

  • 12月 少年写真新聞社より「LGBTQを知っていますか?」を出版

  • 7月 神奈川県より県指定NPO法人を取得

  • 12月 NHK「エディカチオ」の取材協力

平成26年度(2014年)

  • 厚生労働省「エイズ対策研究事業」の分担研究に参画。HIV検査を年10回実施

  • 神奈川県からの委託により、HIV即日検査を年2回実施

  • 横須賀市補助金事業により、交流会「CafeSHIPポートよこすか」を年回実施

  • 5月 NHK「ハートネットTV」の取材協力

平成25年度(2013年)

  • 厚生労働省「エイズ対策研究事業」の分担研究に参画。HIV検査を年12回実施

  • 神奈川県からの委託により、HIV即日検査を年1回実施

  • 横須賀市補助金事業により、交流会「CafeSHIPポートよこすか」を年6回実施

  • 10月 啓発ポスターを作成し県内の中学・高校(700校)へ配布

平成24年度(2012年)

  • 厚生労働省「エイズ対策研究事業」の分担研究に参画。HIV検査を年9回実施

  • 川崎市からの委託により、HIV即日検査を年1回実施

  • コミュニティスペース「SHIPにじいろキャビン」を開設

  • 4月 NPO法人格を取得。団体名を「特定非営利活動法人SHIP」に改名

平成23年度(2011年)

  • かながわボランタリー活動推進基金21 協働事業負担金対象事業により、「かながわレインボーセンターSHIP」を運営。

22年度(2010年)

  • かながわボランタリー活動推進基金21 協働事業負担金対象事業により、「かながわレインボーセンターSHIP」を運営。

  • 2月 電話相談「SHIPほっとライン」を開始

平成21年度(2009年)

  • かながわボランタリー活動推進基金21 協働事業負担金対象事業により、「かながわレインボーセンターSHIP」を運営。

  • 県教育委員会教育局と協働事業の協定書締結

平成20年度(2008年)

  • かながわボランタリー活動推進基金21 協働事業負担金対象事業により、「かながわレインボーセンターSHIPHIV」を運営。コミュニティ支援、検査、個別カウンセリング、電話相談を実施

平成19年度(2007年)

  • かながわボランタリー活動推進基金21 協働事業負担金対象事業により、「かながわレインボーセンターSHIP」を開設

  • 10月 個別カウンセリング、HIV即日検査を開始

平成18年度(2006年)

  • 8月 小坪海岸アウトリーチ

  • 8月 AIDS in HANDS

  • 文化フォーラム横浜 「向日葵」と「HANDS」の映画上映

平成17年度(2005年)

  • 8月 映画「HANDS」上映会

  • 7月 フリーペーパー「Cruising MAP」を創刊

平成16年度(2004年)

  • 3月 神奈川県から「かながわレッドリボン賞」を受賞

  • 12月 予防啓発冊子「HIVLIVING TOGETHER KANAGAWA」を創刊

平成15年度(2003年)

  • 12月 トークイベント&写真展 「CRUISE vol.03」を開催

  • 5月 映画「四角い夏」上映会を横浜野毛で開催

平成14年度(2002年)

  • 12月 横浜のゲイバーでHIV予防啓発活動を開始

  • 12月 任意団体「横浜Cruiseネットワーク」を設立

定款・各種規定

「特定非営利活動法人SHIP」の定款

各種規定

活動報告